docomoのSIMカードの種類やサイズを徹底調査!それぞれの違いとは?

docomoのSIMカードにはいくつかの種類があります。

そんな中で、

「SIMカードのサイズを変更したい!」

「docomoのSIMカードにはどんな種類やサイズがあるのか知っておきたい。」

という方もいるのではないでしょうか?

そこで、docomoのSIMにはどんな種類があるのかこれからご紹介していきたいと思います。

今後SIMカードの交換が必要となる時のためにも、ここでSIMの知識を抑えておきましょう。

docomoのSIMカードの種類やサイズにはどんなものがあるの?

それではさっそく、docomoのSIMカードの種類やサイズにはどんなものがあるのか見ていきましょう。

docomoのSIMカードには、以下の3種類のサイズがあります。

l  標準SIMカード(ドコモ:FOMAカード・UIMカード)

l  microSIMカード(ドコモ:miniUIMカード)

l  nanoSIMカード(ドコモ:nanoUIMカード)

この中から1つずつご紹介していきますね。

標準SIMカード(docomo:FOMAカード・UIMカード)

docomoのSIMカードの中で最も大きいサイズが、こちらの標準SIMカードです。

標準SIMカードはdocomoだとFOMAカードやUIMカードなどにあたり、主にガラケー やiPhone 3G・3GS、3G対応のスマートフォンに使用されています。

microSIMカード(docomo:miniUIMカード)

microSIMカードは3種類あるうちの真ん中ぐらいのサイズに値するSIMカードです。

docomoではminiUIMカードとなっていて、iPhone 4・4SやAndroidのスマートフォンなどに使われていますよ。

nanoSIMカード(docomo:nanoUIMカード)

nanoSIMカードはSIMカードの中で最も小さいサイズのSIMカード。

また、現在のケータイのほとんどがこのnanoSIMカードとなっています。

ちなみにiPhone 5以降のiPhoneや、近年のAndroidのスマートフォンにもnanoSIMが使われていますよ。

SIMカードのサイズ変更をしたい!そんな時は?

SIMカードの種類やサイズを知りたい方の中には、サイズ変更が目的の方もいるのではないでしょうか。

ケータイを変える時にはSIMのサイズを変えなければいけない時もあります。

そこで、ここではSIMカードのサイズを変更する方法をご紹介していきますね。

自分が使っている端末のSIMカードのサイズを確認しておく

SIMカードの大きさを変える場合、まずは自分が使っている端末のSIMカードのサイズを確認しておきましょう。

サイズ変更の前にSIMの大きさを把握しておくことで、サイズを変えるのがスムーズになりますよ。

SIMカードは端末本体の中に入っています。

SIMが入っている場所はそれぞれのケータイで異なるのですが、自分の端末のSIMはどんなサイズなのかを確認してみてくださいね。

docomoショップなどのSIMを契約している会社でサイズを変更してもらう

SIMカードのサイズ変更を行うための1つ目の方法は、docomoショップなどの契約している会社でSIMのサイズを変えてもらうことです。

この場合手数料は1回につき2,160円(税抜)となります。

また、docomoショップでサイズを変更する際はSIMカード変更後も使う電話番号や、自分が設定しているネットワークの暗証を事前に確認しておきましょう。

また、身分証明書も必要になる可能性があるので、免許証や保険証なども用意しておくと良いかもしれません。

SIMカッターを使うとサイズを小さくすることができる

SIMカードのサイズを変更するための2つ目の方法は、SIMカッターを使うことです。

SIMカッターとはその名の通り、SIMを切ることができるアイテムです。

SIMカッターを使えば、わざわざSIMを契約している会社に行かなくても自分でSIMのサイズを小さくすることができますよ。

しかし、自分で切るとなると失敗してしまわないか心配になってしまいますよね。

手数料などのお金をかけずにSIMのサイズを変えたい場合はSIMカッターを使い、自分で切るのは不安という方は契約している会社で変更してもらうのがおすすめですよ。

SIMアダプタを使えばサイズが大きくなる

SIMアダプタは、SIMカッターとは逆に、SIMのサイズを大きくすることができる道具です。

ですからnanoSIMなどの小さいSIMを使っている方にはとても役に立ってくれるはずですよ。

Amazonや楽天などで購入することができ、値段も1000円以下なのでぜひ試してみてくださいね。

自分でサイズを変更できるnanoSIMは使い勝手がいいからおすすめ!

これまでdocomoのSIMカードの種類についてお伝えしてきましたが、その中でもおすすめしたいのがnanoSIMです。

では、nanoSIMのどういう点が良いのかというのをこれからご説明していきますね。

変更時の手数料がかからない

nanoSIMを使うメリットには、変更時に手数料がかからないという点があります。

できれば手数料をかけずにSIMのサイズ変更をしたいと考えている方も少なくないのではないかと思います。

自分でサイズを変えることができるからお金もかからず、無駄な出費を防ぐことができますよ。

サイズ変更はSIMアダプタで大きくすればいいだけ

nanoSIMを使用すると、自分で大きいサイズから小さいサイズに切るというリスクを避けることができます。

自分でSIMを変えるにしても、やはり失敗のリスクが少ない手段を選びたいですよね。

nanoSIMであればSIMアダプタを装着するだけで簡単に大きいサイズに変えることもできるので、とてもおすすめですよ。

変更前のピンクSIMと変更後の水色SIMの違いは?

最後に、nanoSIMの色の違いについてご説明していきたいと思います。

ピンクSIMと水色SIMにはどのような違いがあるのか見てみましょう。

サービスや機能はほとんど同じ

ピンクSIMと水色SIMのサービスや機能に大きな違いはなく、どちらを使ってもこれといって変わりはありません。

唯一2つの違うところといえば、色の違いや製造元に東芝が含まれているか含まれていないかというところです。

また、どちらの色のSIMを使っていても問題ないので、自分の好きな色の方を選択することができますよ。

SIMの色がなぜ変更されたのか気になっていた方もいると思います。

そのまま従来のピンクSIMを使っていってもいいですし、新しいSIMに変える時には水色SIMに変えてみてもいいかもしれないですね。

まとめ

docomoのSIMカードの種類についてご紹介してきましたが、いかがでしたか?

docomoには3種類のSIMがあることが分かりましたね。

いずれSIMのサイズ変更を行わなければいけない時が来るかもしれません。

その時のためにも、ご紹介した内容が役立ってくれたら幸いです。

自分でSIMのサイズを変える方法も、良ければ試してみてくださいね。

docomoのSIMの種類について、しっかりと抑えておきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です